SILENT WILDERNESS

日々の出来事をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゲーム告知

ここ最近なかなか魅力的なタイトルが目白押し。
一作は未売、一作は発売中。
・PREDATOR CONCRETE JUNGLE
日本で通販されるのはここくらいだろうと思われるのでこの機会に予約を。
PS2版X-BOX版
アメリカAmazonでカスタマーレビューが上がってるので気になる方はそちらを参照あれ。
Amazonは何で各国にチェーン展開してるのに同チェーン内で流通効かないんだろ?
直接買えたらこれほど便利なことはないのになぁ。
マーセナリーズ
GTAの軍隊版?みたいな感じかと。
GTAと違って軍事面に特化してるのが良い感じ、出来れば今すぐにでも手に入れたいタイトルではある。
公式も良い感じに遊べるのでFLASH PLAYER導入して入ってください。

うちの高校では『感謝祭』たる宗教行事が毎月一回あるのですが、その時は本部に参拝する時と講堂に集まって読経、校長、理事長の話を聞く、というものなのですが、その時だったか、始業式の時だったか、北朝鮮拉致問題が世論で広まった時『北陸側にイージス艦配置~云々』って言ってた記憶があります。
南はよくて北はだめなの?
どっちもどっちな気がするけど…
独裁政権で社会主義な北、民主主義の皮を被った言論弾圧国家な南、やりたいことがハッキリしてる分、まだ北の方がマシな気がしますが、結局あの半島はどっちもどっちですよ。
そういえば米韓関係が冷めてきた今となっては、あの半島に対するジョーカーとも言えるカードは日本が持ってるんですよね?
日本がぷっち~んっていって対朝鮮強硬姿勢を見せたら北が大嫌いかつ、日本を綿密な関係のアメリカが日本を後押しの形でノリノリで行く気がします。
VS社会主義掲げれば他国も「勝手にやって」なノリになるでしょうし、あの半島は一気に制圧出来るでしょう。
ところで日本が軍事面で韓国に劣ってると思われてる方は少なからずいるでしょうが、とんでもない。
日本が保有してる兵器はかなり上物ですよ。
ちょっと調べれば分かると思いますが、日本の90式戦車は世界三位の性能を持つとさえ言われてますし、空軍は米軍のおさがり、ってイメージがつきまとってますが、それ、裏を返せば『世界一金持ちな軍隊のおさがり』ですよ。
それに日本お得意の電子戦改良施せば相当なものに仕上がるはずです。
兵隊の数は当然負けますが、まぁ、その分質で勝るだけのものは持ってますからねw
ところでこうなった場合、中国が韓国の後押しをする可能性は低いと思われます。
中国が韓国の後押しをするのはあくまで『反日してるから』であって、それ以上の価値は韓国にはないわけです。
下手にアメリカと面付き合わすのは中国にとって無意味な損害が出るだけなので、むしろその後、半島のおこぼれをもらいに来る程度でしょう。
中国が本当に欲しがってるのは半島より日本ですからね、近付けば近付くほど、圧力かけやすい、ってノリでやってきますよ。
結構脳内妄想入ってますが、一つ。
別に戦うのは日本である必要はないんですよ。
日本はただ中継基地として場所貸して戦車や空母、艦隊は威嚇にだけ使っておけば『武力行使』には当たらず、あくまで『自衛権』を主張できるわけですからね。
私としては今すぐカード切るのもアリだと思ってます。
そんな面倒なことせんでもそのうち自滅しそうですけどね、あの半島は。

ちょっと色々書いてたのですが相変わらずFUCKウインドウズがBITCH!なことになってるのでテンションダウンのクオリティダウンっす。
これからは今まで以上に信用せず適当にサルベージしつつやります、迷惑おかけしますです…
後になってちょっと気になって検索してみた。
朝鮮日報では今年のが載ってるが、都合よく去年のも残ってる(ログ自体はスレにも残ってるけど)のを発見。
ちょっとコイツを見てくれ。
すごく・・・馬鹿みたいです・・・


文化的な理由から始まった韓国行きに“謝罪”の意が加わったのは約10年前。訪問を繰り返しているうちに知り合いになった韓国人たちから、1910年から36年間、日本の植民地統治のもとで韓国人が受けた苦痛がどのようなものだったかを生々しく聞かされたからだ。

 藤田さんは植民地支配を受けた韓国人たちの話をひとつひとつ聞きながら、日本の幼い生徒たちにもこのような教育が必要だと感じた。一時、生徒と教職員の間から修学旅行地を変えようという意見も挙がったが、藤田さんは更に韓国行きを固執した

私は大きな勘違いをしていました。
理事長は戦時の事柄を少しでも知っているから謝罪旅行という判断を下したのかと思えば、ふたを開けてみれば全然知らなかった、それどころか知り合いとはいえ、反日教育受けて骨の髄まで染まった韓国人に聞いた情報をもとに謝罪旅行にした、って。
待った!
ってことはあれか『韓国→日帝に支配されニダ→左翼こそ正義→桑菜社批判』こういう構造か?
・・・なんだろ、笑えるっつーか呆れるっつーか…
って言うかなんでそれが『子供達に正しい歴史認識』に繋がるんだ?
事実を調査して分かったことを伝えて初めて『正しい歴史認識』になるんじゃないの?
論理が飛躍しすぎて意味が分かりませぬ。
って言うかさ、推論に過ぎないけどこういうこと認めちゃったからありもしない事実を事実として認めさせる風習出来ちゃったんじゃないっすかねぇ?
とりあえず言っとけばチョッパリは真に受けるから謝罪と賠償だけ貰うニダ、みたいな。

後半変色させた部分だけど、学校離れて初めて理事長の強さを知った気がするなぁ…
ラバーハーバーは仕方ないのか、これじゃぁ…
スポンサーサイト
  1. 2005/04/29(金) 23:22:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<扇風機起動 | ホーム | マジで昇天5☆秒☆前>>

コメント

専守防衛!

専守防衛な日本の軍備ですが、技術大国日本です。
核を使えば話は別ですが、通常兵器で戦争やって日本に上陸できるのは米軍ぐらいでは無いかと。まぁ、戦争となればありとあらゆる戦術は合法ですので、核抜きを前提に語っても仕方ないですが。
F2も凄い技術が詰まってるし、米国が提供を渋った技術を自力開発して、米の技術を上回ってみたり。
F2は高いと言いますが、F2の開発を始めた事で、米がF15の値段を下げてきた結果、F2のほうが高いという事らしいのですが。

>私は大きな勘違いをしていました。
>理事長は戦時の事柄を少しでも知って~
この件は殆どの日本人が同じ様な認識でしょうね。
日本人の常識に照らし合わせて、「国家がまったくの嘘を言わないだろう」というような思い込みで、中・韓の主張に一定の理解を示す。
一方、日本の過去の歴史に関して肯定的な意見はメディアでは放送されないし、その様な意見は極右的なものとして排除される。
よって、中・韓の主張とそれに迎合するような意見しか日本人には伝わらない。と、そんな悪循環です。
  1. 2005/05/01(日) 21:32:20 |
  2. URL |
  3. 波平 #-
  4. [ 編集]

日本の90式戦車も総合3位の性能と言われてますね。
8億と戦車にとっては平均くらいの値段ですし、実戦でも十分活躍出来ますよ。
問題は隣接した国が核撃ってくるか、ですかね。
距離的に全く無傷、というわけにもいかないでしょうし。
また、核使えば他の核保有国からリンチ必至ですから、『普通は』使わないでしょう。
・・・相手が普通じゃないのが一番手痛いですかorz

>メディア
これも問題ですよね。
日本放送協会(NHK)なんか名前だけで正確な歴史は全く報じないし、他局も『流行る、儲かる』といった理由で親韓、親中的な放送。
『新聞読まなければ馬鹿になる』とはよく言ったものですが、今は『新聞読んでも馬鹿になる』ですかね。
報じるべきことはきっちり伝えてもらいたいです。
  1. 2005/05/01(日) 22:34:16 |
  2. URL |
  3. 狼烏 #yeosDpSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://volf.blog6.fc2.com/tb.php/70-475bf3b2

電子戦電子戦(Electronic Warfare)とは、電磁波を巡る軍事活動を意味する。現代においては無線通信が軍事活動上、非常に重要になってきており、電磁波を非常に多用するようになっているため、現代戦争における局面の一つとなっている。.wikilis{font-size:10px;color:#
  1. 2007/08/06(月) 13:01:19 |
  2. カテゴリとしてはエレクトロニクス

狼烏(ろうと)

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。