SILENT WILDERNESS

日々の出来事をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

物理根本

さて、今回は物理を根本的に分からない人向けのアドバイスをします。
まず、根本的に分からない、とはどういう常態か?
・試験で全く点が取れない
・持ってる問題集の問題なら解ける、でも初見は全く無理
この辺です。
前者は一目瞭然でしょう。
後者、持ってる問題集なら解ける、ってのはまぁ良いとして、初見になると全然、って言うのは実際は全く理解していない証拠なので、この際、一から見直してみて下さい。

とりあえず分析ですが、前者の殆どの人は、恐らく努力が全然足りていないはずです。
物理は早いうちから片付けておくと後で楽になる(化学の知識分野に後で時間を裂ける)ので、対処は早め早めにしていきましょう。
一、教科書を完璧にする。
よく、教科書がよく分からんから参考書、みたいな考え方の人がいるようですが、そもそも教科書理解してないのに参考書見たって書き方変えてるだけで内容は同じです。
が、この際なので参考書薦めておきます。
物理のエッセンス力学・波動―新課程対応 河合塾SERIES

物理のエッセンス電磁気・熱・原子―新課程対応 河合塾SERIES
まずは教科書に目を通し、問題も解いて、キリのいいところでエッセンスに移す、というやり方が効果的かと思われます。
一通り章をやり終わったら今度はエッセンスの問題のみを解く、このやり方でいけば自分が本当に理解していないのはどこか、その答えが分かるはずです。
二、記号の意味、単位を理解する
物理では記号が大量に使われます。
mやg、v、a…範囲が違ったり大文字になると意味が変わるものもあるので、各範囲で記号の意味はしっかり把握しておく必要があります。
また、単位は覚えておいた方がいいです。
ズバリ聞かれる事は少ないですが、単位を理解していると式を立てる手がかりにもなります。
記号と単位、これさえしっかり定着させておけばかなり変わってくるはずです。

ま、おおまかなところは上二つですかね。
とりあえず、多分ここ見てる人で教科書完璧に理解してる人はそうはいないと思います。
アレ完璧にしたらセンター9割はいけますよ、2つポカミスしたとして92点、教科書マスターした人にとってはこれでも手痛い減点、と言えるでしょう。
で、上二つが出来ている人で、今度は伸び悩んでいる人。
点数で言うともうちょっとで7割いけるのに!ってくらいのレベルでしょうか。
教科書、エッセンスをマスターし、それからやると良いかもしれないこと、まだあります。

三、導入問題を解く
導入問題、これは体系新物理を使うと良いでしょう。
物理では公式が大量に出てきます、しかし、ただ覚えるだけでは芸がありません。
やはり基礎となる公式からより簡略化、多様化させるために自分で導く作業が必要です。
そこで有効なのが導入問題です。
導入問題をキッチリ理解すれば、大量の公式が頭に入ってなくても、自分で発展させて導くことが可能になります。
また、使い方が分かりにくい、使用場所に悩んでいた公式も自然と自然と活躍の場を見出せるはずです。
ただし、これをやるためにはある程度数学の頭が必要だったり、少なくとも二のやり方が必要なのでその点、抜かりなきよう、やって下さい。

導入問題も解いた、でも点が伸びにくい、これ以降はある種テクニックですが、ごくごく基本なことです。
前にテクニックに逃げるな、と書きましたが、物理に関してはそんな便利なモン、ありませんからね。
単に発想の転換、その程度だと思ってください。

四、図を描く
馬鹿にしてはいけません、図描くだけで物理の理解ってのは大分違ってきます。
話しやすい力学を例にとると、力学の問題では、大抵、水平な地面の上に物体が置いてあって、それに力を加える問題が一般的です。
とりあえず、教科書みたいに二次元で考えます。
横線引いてその上に長方形の物体を描く。
それから地面に接していなくても働く力(重力)等を描く。
それから垂直抗力、ついでなので水平面の下に地面と物体との摩擦係数を書いておきましょう。
最後に、物体にかけられる力です。
力F、速度v等もベクトルで表せば大分簡単になりますし、モノを見ることでその問題も理解しやすくなるでしょう。
あとは水平面に角度がついたり、バネがついたりしても同じです。
働く力、場合によっては運動量や運動エネルギーを書いておけば後々計算もしやすくなります。
また、この際なので30度、60度を描き分けられるようにしておきましょう。
物理だけでなく、数学でも役立ちます。
五、数字を使わない
二とダブる内容ですが、物理では、基本的に記号を使います。
問題文に数字が出ていても、その問題の意図するところを読み取って、一旦物理量を全部記号で表してしまいます。
そして最後の最後、記号も消え、簡単な四則演算を残すのみ、となった時に初めて数字を使うのです。
こうすることで計算も早く(っていうか計算せずに済む)できますし、計算間違いも起こらなくなります。
確実かつ素早く、入試では重要なことなので普段の勉強で是非使って下さい。

以上で物理はある程度までは伸びます。
それ以上伸ばすには、やはり問題のレベルを上げたりするしかありません。
また、一~五をやっても全く伸びない、って人は、多分一の時点で既につまづいてます。
長々と書いてますが、実際のところ、教科書完璧にやって取れない方が不思議なんです。
単に教科書の問題が完璧に解ける、それだけで理解してるとはいえないです。
多分それで理解した気になってる人は単に公式暗記で終わってるようなものなので、しっかり本質を見なければいつまで経っても伸びません。
それに一~五を全部マスターするのに、今からやり始めても夏までかかると思います。
早い人で夏休みにハイレベルの問題に取り組んでる、みたいな。
物理に関して、分からないこと、上記で分からないことはメールで訊いていただければ答えますので気軽にどうぞ。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/07(木) 01:19:27|
  2. 受験|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<エイリアン・クイーン近影 | ホーム | ケナー社エイリアン・その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://volf.blog6.fc2.com/tb.php/31-4f487753

狼烏(ろうと)

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。