SILENT WILDERNESS

日々の出来事をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

露を吸う群れ

フッ…日曜の試験は伊達じゃねぇぜ!
まさか俺の一週間のモチベーションをゴッソリ持って行くとは…
ってーわけで、蟲師更新いきまSHOW!
第二巻に突入。
全13話ってのをどっかで見たのですが、本気か?

今回の話は原作ではそれほど好きじゃなかったんだけど、改めて考えてみると良い表現してるなぁ。
蟲に寄生されていた時の回想シーン凄いなぁ。
倍速カメラでの太陽の動きとか見たことあるけど、雲の動き、積雪のシーン、何と言うか、絵ならではの表現、ってのがよく活きてる。
一通りじゃない時間の早さ(物理学関係ナシに)、っていうのは表現が難しいだけによく練られた話だったんだな。
最後の『だが お前の目の前には 果てしなく膨大な時間が 広がっているんだから』の台詞とともに海映すのは素晴らしい描写だ。

こういった時間がテーマだとメダロット5思い出すなぁ。
アルバムの『ヤマト』より、『人生はたいくつすれば長く 充実すれば短い』
5のアルバムの一言は一回は見るべきです。

次回『雨がくる 虹がたつ』
ヌシと淡幽マダー?
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 01:02:42|
  2. アニメ|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:0
<<好きなフレーズ | ホーム | センタープレ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://volf.blog6.fc2.com/tb.php/291-b5527b4d

蟲師第6話(by N2)

第6話、「露を吸う群」。今回のテーマは「時間」といったところでしょうか。作物も魚も取れぬ不毛の島。ヒルガオに似た花のような蟲(あるいは、その中にいる蟲?)に寄生された少女、あこやは蟲と時間を共有してしまう。一日で生涯を終え、新たな命を残す蟲と時間が同...
  1. 2005/11/29(火) 01:38:51 |
  2. N2-D2

(アニメ感想) 蟲師 第6話 「露を吸う群」

じわじわと口コミでこのアニメの出来のよさが広まってきているようですね。今秋のアニメの中では「銀盤カレイドスコープ」がダークホースと言われてましたけど最近はちょっと足踏み状態。そんな中でこのアニメだけは本当に安定した面白さを保っていると思います。と言うか他
  1. 2005/11/29(火) 05:55:48 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

露を吸う群

朝咲く花は 首から落ちる
  1. 2005/11/29(火) 09:02:20 |
  2. tune the rainbow

『蟲師』第六話

離島に蔓延するドラッグのお話。今回も鬱気味ですねぇ。治療には成功しても患者はそれを望んでいないってワケで。ドラッグは一度手を出すとやめられなくなるっていうもんねぇ・・・。「目からびゅばぁ~」とか「天井一面に大量のカタツムリ」とかに比べるとアッサリ....
  1. 2005/11/29(火) 13:28:58 |
  2. 時間の無駄と言わないで

蟲師第6話「露を吸う群れ」

あなたはあと186万年生きろ、と言われたら耐えられますか?さてさて本日はオールナイト映画から朝帰り。久々にとてもきれいな朝焼けを見ました。「おー真っ赤。キレイなあ」何か「蟲師」っぽいと思ってたら、今回のエピソードの冒頭に朝焼けが出てきたのには非常に驚きま
  1. 2005/11/29(火) 15:01:48 |
  2. 蜂列車待機所日記

蟲師 「露を吸う群」

さて、今宵のお話は・・・潮に阻まれた孤島で、死と再生を繰り返す少女。生神ととして崇められる少女がみていたものは・・・ (公式HPより)ナギという少年が幼馴染のあこやを
  1. 2005/11/29(火) 22:26:09 |
  2. プチおたく日記 vol.2

蟲師 第6話「露を吸う群」

はい、楽しみにしてた蟲師、リアルタイム感想~♪ふう、やっとテンションちょっぴり上がってきたにょ。あの男の子誰だろう?今井由香さん…。知らないけども、何ていいお声。少年声!ホント、何で隠れなきゃいけんの?なるへそ、生き神だと信じてる人は実は普通の女の子。う
  1. 2005/12/01(木) 14:08:46 |
  2.  はちみつ水。

蟲師 #06露を吸う群れ

舞台が孤島なら話も閉鎖的。 膨大な時間と向きあえず諦めた人とそれを崇拝する人、それを憂う人が同居するこの島は、宗教と現代社会の縮図を見ているようでした。 個人的着眼点はあこやと父親の関係。 ギンコの治療により一旦は治ったあこやが、再びヒルガオの香りを吸って
  1. 2005/12/01(木) 22:24:27 |
  2. うつわの器

狼烏(ろうと)

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。