SILENT WILDERNESS

日々の出来事をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

瞼の光

昨日は京都工繊OC行ってきましたよ。
結論:俺この先マジでやるわ。
っつーわけで、突然更新がストップする可能性あります。12月とか。
閉鎖は考えておりませんが、明確に休止が決まれば告知する予定です。
それまでは合間をぬって更新していきますので、よろしくお願いします。
今週は休みが多いので、響鬼の更新は明日(今夜)やります。
では、蟲師第二話DEATH!
今回も漫画との大きな変更は0。
この話は漆原先生がアフタヌーンの四季大賞を受賞された時の話に追加した話。
蟲師の原点は漆原先生の短編集『フィラメント』に収録されている『虫師』ですが、瞼の光が実質の原点と言えるでしょう。
ちなみに、個人的にはフィラメントは読むのがかなり疲れました。
短編集…って、多すぎですよ。
石の話とか、中には結構好きな話も多いのですが、万人に勧められるものではないかと。

今回は蔵の中の闇の表現、二つ目の瞼を閉じた時の闇の表現と、光の河の表現が凄い良かった。
ちょっと残念だったのは液状の蟲のところ。
なんか浮きすぎっつーか…
水銀漏れてるようにしか見えなかったのが残念。
ちなみに今回蟲殺してたけど、ギンコが蟲を払うのは珍しいことなんですよ、と。
ところであの光の河ってやっぱり光酒なんですかね?

次回は柔らかい角。
これ何話構成なんだろ?
多分13話構成だと予想してみるけど(初回DVDは特製BOXw)最後はやっぱり銀蟲の話かね?トコヤミの。
でもそれだったらイサザ出ないだろうしなぁ…
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 01:19:48|
  2. アニメ|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0
<<俺19さーい | ホーム | AC Extra Garage Vol.4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://volf.blog6.fc2.com/tb.php/276-f020a5ca

『蟲師』第二話

今週もハイクオリティー。面白かったです。「ビキ」って名前は凄いね。日本人のネーミングセンスじゃないよ。ギンコに「驚きすぎ」って言われてたけどアレはビビるよねぇ?眼ぇ無いし、液体びゅば~だし、眼ぇポロリだし、ダイレクトに移植だし。しかし怖いね、....
  1. 2005/10/31(月) 15:45:24 |
  2. 時間の無駄と言わないで

『瞼の光』

ビキが可愛かったvV(萌えるショタ魂原作読んだ記憶がおぼろげだから、もう一度読み直したいけど先立つものがない・・orzしかし、このアニメは世界観が綺麗で素敵vでも、グロいからこの時間帯?んー、深夜枠にしたってもうちょっと・・。
  1. 2005/11/01(火) 16:27:44 |
  2. -pd-blog-

蟲師 第2話

闇の中の光。太陽を肉眼で視てはいけない様に、その光はヒトの眼を貪る。アフタヌーン四季賞を得て、「蟲師」連載の契機となった話。原作ではギンコにヒゲがあるらしい。
  1. 2005/11/01(火) 17:31:53 |
  2. 下弦の憂鬱

狼烏(ろうと)

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。