SILENT WILDERNESS

日々の出来事をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

AC Extra Garage Vol.4

さて、Vol.4まで出揃ったワケですが、更新遅れて申し訳ないです。
流石にかなり忙しくなってきたんで更新頻度は週1~2ってことでよろしくお願いします。


カスケード・レインジ
どうした・・・エンターブレイン・・・
何を・・・やってる?


普通に立つフィギュアー!
接地面積が広いのと、脚、各部のモールドがガッシリしてるので立つのは問題ないです。


ちなみに回頭不可。
ガッシリ固定されてます。
外れるんか?これ…
腕に若干問題があるものの、概ね満足な出来。
ただし、ハンドレールガンとミサイル迎撃砲はED気味

ヴィクセン


WAO!結構普通に良いじゃないか!


ポーズがやや制限あるものの、結構良い出来。
ちなみに腕はNX、脚はPPっぽい、何故?
胸部の拡散レーザーはどうなってんだろ?




ダリナンダアンダイッタイ…
ちなみに頭部はプロミネンスじゃなくてアペンディクス
単にケースから出すのが面倒だったから出しやすい頭部を選んだ。
この前にデュアルモデルも乗っけたけどデカすぎ。

カルテットキャノン
今回のフィギュアは割と充実。
と、いうわけでヴィクセンに積んでみました。




スゲェかっこいい!
重量感ある、っつーかモールドの割に重いから下がってくるのがあれだけど、このまんま型作って増産出来そうな、そんな良い出来。


いいか、俺は面倒が嫌いなんだ!
…はい、スンマセン
他にフィギュアはipicに上げて投下したんでまた見てください。

エド・ワイズ レポート
普通に良い出来、ってかヤバいね、全然OK!
パルヴァライザーの大まかなデザインとか、コアのアップデート具合、主人公をドミナントと捉える視点、台詞が無かった人間とは思えない活躍ぶりだ。
いつかLRでの24時間の死闘を忘れそうになった時のため、地上最後のレイヴンとしての主人公へのレポート。
主人公が今後なすべき義務のあたりはちょっと感動した。

ところでエドのドミナント理論で脚部が挙げられてたけど、それってゴールディ・ゴードンにもいえることなんだよな。
NX時代の彼見たらもう…ねぇ。
LRでゴールディエンドが無かったのが悔やまれる。
『インターネサインへようこそ。これがレイジングトレントⅤだ。俺はコイツt…』

LRをプレイしたレイヴンはこのVol.4は十分満足出来る内容だと思うので是非買ってみてください。
影の薄いエドの印象がガラっと変わります。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 01:37:05|
  2. アーマード・コア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<瞼の光 | ホーム | 甦る雷>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://volf.blog6.fc2.com/tb.php/275-635d22f9

狼烏(ろうと)

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。